Life

新型コロ助ウイルス 10万円給付のもらい方

新型コロ助ウイルス 10万円給付のもらい方

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、1人10万円の一律給付が閣議決定された。いつ頃、どのような形で私たちの手元に届くのかまとめた。

Q 給付対象と時期は

 A 4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となる。給付申請の受け付け開始は市区町村によって異なり、早ければ5月中にも始まる見通し。申請期限は受け付け開始から3カ月以内となる

 Q どうすればもらえるのか

 A 住民基本台帳を基に、市区町村が、世帯全員の氏名が記載された申請書を郵送するので、世帯主かその代理人が銀行の口座番号などを記載して返送すれば、世帯分の給付金が口座に振り込まれる。マイナンバーカードがあればオンライン申請も可能だ。

 Q 外国人や海外にいる日本人は給付対象か

 A 住民基本台帳に記載されていれば対象となる。逆に日本にいても記載がない人は受け取れない。

 Q 受け取りを希望しない人は

 A 申請書の氏名の横に「希望しない」というチェック欄があり、受け取らないという選択も可能だ。その場合、国の予算として今後活用される。

 Q 世帯ごとの給付だと不都合な人もいる

 A ドメスティックバイオレンス(DV)などで住民票を残して別居しているケースもあり、今後、対応を検討する。

 Q 暴力団なども給付対象になるのか

 A 総務省は現状の仕組みでは排除できないとしており、今後の検討課題だ。

 

コロ助が広まってきて緊急事態宣言をして、その緊急事態宣言を全国に拡大して、企業の自粛活動も始まってやっと10万円給付が決まりました。

住民基本台帳がありマイナンバーがあればオンラインで給付が受けられるようです。

政府もいろいろありますが頑張っていただきたいと思います。

閣僚は皆10万円給付を辞退されたようですね。

政治家ってやってて良い事あるのでしょうか?国民から文句ばかり言われてかわいそうですよね。

そしてコロ助感染はこのまま自粛していけば5月いっぱいで収まり始めるのかなと感じています。6月から経済活動を始めていければ最低限の被害で立ち直れれますよね。

5月いっぱいでコロ助収束してください(願)

悪いことを想像したら、本当にそうなってしまいますので、あまり想像しないようにします。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。