楽しく生きていくために有益な情報を発信していくブログ

楽天証券でアセアン株に挑戦!インドネシア株高配当銘柄紹介編

はじめに

 

今日は楽天証券で買えるインドネシア株の高配当株を紹介していきたいと思います。

インドネシア株高配当銘柄4%以上の株をトップ11を紹介します。

 

インド・タムバンガラヤ・メガウ(エネルギー)

 

配当利回り26.65% 

参考円価格/最低売買価格 100円/10,013円

 

インド・タムバンガラヤ・メガウ(PT Indo Tambangraya Megah Tbk)はインドネシアを拠点とする石炭鉱業会社である。【事業内容】同社はPT Indominco Mandiri、PT Trubaindo Coal Mining、PT Bharinto Ekatama、PT Kitadin、PT Jorong Barutama Greston等の子会社を通じて、インドネシアの東カリマンタン、中部カリマンタン、南カリマンタンにある各種採炭コンセッションを運営する。PT Indominco Mandiriはまたボンタンに位置する貯蔵・混合・船積み用の石炭ターミナル及び港湾・石炭加工工場向けの電気を提供する発電所を運営する。他の子会社は石炭取引を行うPT ITM Indonesia、鉱業サービスを提供するPT Tambang Raya Usaha Tamaを含む。

 

ヘキシンド・アディペルカサ(産業サービス)

 

配当利回り17.42%

参考円価格/最低売買価格 23円/2,307円

 

ヘキシンド・アディペルカサ(PT Hexindo Adiperkasa Tbk)は重機及びスペアパーツの販売に従事するインドネシアを拠点とする会社である。【事業内容】同社は一般的建設、林業、鉱業用掘削機、クローラー・ドーザー、リジット・ダンプ・トラックと掘削機ローダー等の重機を販売する。同社は「Hitachi」、「John Deere」、「Bell」というブランドの重機を提供する。同社はまたトレーニング・メンテナンス・修理サービス、並びに重機リース、資金調達及び再製造等のサービスを提供する。同社はバンダ・アチェ、メダン、ジャカルタ、スマラン、バリクパパン、サマリンダ、ジャヤプラ、マカッサル、パル及びダリを含む全インドネシアにおいて支店と駐在員事務所を有する。

 

ブキット・アサム・TBK(エネルギー)

 

配当利回り15.03%

参考円価格/最低売買価格 18円/1,785円

ブキット・アサム(PT Bukit Asam (Persero) Tbk)はインドネシアを拠点とする石炭採掘会社である。【事業内容】同社の事業は研究、探査、採掘、加工、精錬、輸送及び貿易を含む石炭採掘活動、内部・外部用石炭ポート・桟橋の管理・運営、内部・外部用蒸気発電所の管理・運転、並びに石炭産業と生産に関連するコンサルティング・サービスの提供に従事する。同社はタンジュン・エニム、ペラナップ、パラワン、オムビリンを含むインドネシア地域にある石炭鉱業権を有する。同社はまた石炭ブリケット製造を行う。ブリケット製造工場は炭酸化練炭を生産するインドネシアのタンジュンエニム、非炭酸ブリケットを生産するインドネシアのネーターとグレシアクに位置する。

 

INDIKA ENERGY(エネルギー)

 

配当利回り8.33%

参考円価格/最低売買価格 10円/1,027円

インディカ・エネルギー(PT Indika Energy Tbk)はエネルギー・サポート・サービスの提供に従事するインドネシアオを拠点とするエネルギー会社である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。エネルギー資源事業は石炭の探査、生産、加工を行う。同社はPT Kideco Jaya Agung、PT Santan Batubara等の採炭会社への所有権を有する。エネルギー・サービス事業は設計・調達・建設(EPC)サービス、運用・メンテナンス(O&M)サービス及び採炭・石油とガス産業向けの物流サービスを提供して、PT Tripatra Engineers and Constructors、PT Tripatra Engineering、PT Petrosea Tbk等の子会社により運営される。エネルギー・インフラストラクチャー事業は鉱業輸送、物流と発電容量を提供して、PT Mitrabahtera Segara Sejati Tbk、PT Cirebon Electric Powerを通じて運営される。

 

 

楽天銀行

 

マタハリ・デパートメントストア(小売) 

 

配当利回り7.84%

参考円価格/最低売買価格 33円/3,334円

 

マタハリ・デパートメント・ストア(PT Matahari Department Store Tbk)はインドネシアのデパートチェーンであるMatahari Department Storeを運営する。【事業内容】同社は衣類、バッグ、靴、アクセサリーを含む男性・女性・子供向けの多様なファッションアイテム、並びに化粧品と家電製品を提供する。そのアウトレットは、メダン、パダン、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、バンドン、ボゴール、バンジャルマイン、ケンダリ、アンボン、ジャヤプラなどインドネシアの多数の都市にある。

アダロ・エナジー (エネルギー)

 

配当利回り6.77%

参考円価格/最低売買価格 10円/1,039円

 

アダロ・エナジー(PT Adaro Energy Tbk)は子会社を通じて探鉱事業を運営するインドネシアの会社である。【事業内容】同社は掘削、荷役、荷積み、浚渫、港湾サービス、マーケティング及び発電事業を運営する。同社はインドネシアのカリマンタン・セラタンにある鉱山から熱石炭を生産する。その石炭はブランド名「Envirocoal」で販売される。子会社はPT Alam Tri AbadiとPT Saptaindra Sejatiを含む。

 

ユナイテッド・トラクターズ (工業用品)

 

配当利回り5.91%

参考円価格/最低売買価格 161円/16,077円

ユナイテッド・トラクターズ(PT United Tractors Tbk)は主に鉱業請負の提供に従事するインドネシアの会社である。【事業内容】同社は子会社と共に、4つの事業を運営する。建設機械事業は重機設備の販売・賃貸、アフターサービスの提供を行う。鉱業請負事業は鉱山の設計、探鉱、採掘、運搬、貨物輸送及び運送などの多様な鉱業サービスを鉱業権保有者に提供する。石炭採掘事業は、石炭の採掘と販売に従事する。建設事業は、基礎工事、構造工事、解体、インフラ整備などの建設サービスを提供する。子会社はPT Pamapersada Nusantara、PT Karya Supra Perkasa、PT United Tractors Pandu Engineering、PT Bina Pertiw及びUT Heavy Industry(S)Pte Ltdを含む。

 

会社概要 企業データ(2019/9/3) 主要株主(2019/9) (%)

1.アストラ・インターナショナル 59.50 

2.VANGUARD GROUP 1.50 

3.SCHRODER INVESTMENT MANAGEMENT 1.40 

アストラ・インターナショナルの子会社。

イ ンドネシア最大の建機販売会社で、コマツ、UDトラックス などの世界的なブランドを扱う。

インドネシア国内22州で 展開しており、19支店、22のサポートセンター、11の駐在 所から成る建機販売ネットワークを構築している。同社 は、建設機械事業、掘削請負事業、炭鉱事業、建設事業 の4つのセグメントで構成されていたが、2018/12よりマル タベ金鉱山(北スマトラの南タパヌリ)からの金産出を行う 金鉱事業が事業セグメントに加わった。 建設機械事業は、重機を販売する。採掘請負事業は、 子会社のPamapersada Nusantara(PAMA)およびその子 会社であるKalimantan Prima Persada(KPP)を通じて鉱 業サービスを提供する。炭鉱事業は、子会社 のTuah Turangga Agung(TTA)の石炭鉱業事業を通じて展開し て いる。 現在 、TTA は子 会社 のAsmin Bara Bronang (ABB)、Telen Orbit Prima(TOP)、Suprabari Mapanindo Mineral(SMM)によって管理されている。建設事業は、子 会社のAcset Indonusa(ACSET)を通じて行っている。金 鉱事業は、マルタベ金鉱山の鉱物資源埋蔵量が810万オ ンスに達しており、それに加えて450万オンスの推定埋蔵 量見通しがある。

 

バンク PEMBANGUNAN DAERAH JAWA 

 

配当利回り5.45%

参考円価格/最低売買価格 13円/1,315円

バンク・ペムバングナン・ダエラ・ジャワ・バラット・ダン・バンテン(PT Bank Pembangunan Daerah Jawa Barat Dan Banten Tbk)は銀行業界に従事するインドネシアを拠点とする金融機関である。【事業内容】同行は「Bank BJB」という名で運営する。同行は伝統銀行業務の他、PT Bank Jabar Banten Syariahという子会社を通じてイスラム金融サービスを提供する。同行のオフィス・ネットワークはインドネシアにある支社、キャッシュ・オフィスを含む。

 

アストラ・オートパーツ(自動車、自動車部品)

 

配当利回り4.78%

参考円価格/最低売買価格 9円/916円

 

アストラ・オートパーツ(PT Astra Otoparts Tbk)は二輪・四輪車用自動車部品の製造に従事するインドネシアを拠点とする会社である。【事業内容】同社の製品は相手先ブランド供給(OEM)と取り替え市場(REM)に応用される。同社はPT Menara Terus Makmur、PT FSCM Manufacturing Indonesia、PT Federal Izumi Manufacturing等の子会社とともに、精密機械、プラスチック射出成形部品、鍛造品、機会ジャック、ハンド・ツール、自動車と産業チェーン、自動車フィルター、ピストンを含む各種自動車部品を生産する。同社はまたPT Ardendi Jaya Sentosaとともに、自動車部品の取引・販売を行う。

 

グダン・ガラム(食品、飲料)

 

配当利回り4.47%

参考円価格/最低売買価格 432円/43,174円

 

グダン・ガラム(PT Gudang Garam Tbk)はレテック(kretek)というタバコの製造に従事するインドネシアを拠点とする会社である。【事業内容】同社はタバコ、ボール紙と他の事業という3つの事業区分により構成される。同社は伝統的手巻きレテック、機械製レテック、低タール、低ニコチンのバリアント等の各種レテックを生産する。主要ブランドはGudang Garam International、Gudang Garam Merah、Surya、Surya Pro Mild、Surya Professional、GG Mildを含む。製造施設はインドネシアのクディリ、バンドン、カランアニャル、スメネプに位置する。同社はまたインドネシアのジャカルタ、スラバヤにおいて駐在員事務所を有する。子会社には包装用ボール紙の生産を行うPT Surya Pamenang、同社の製品の独占的販売店であるPT Surya Madistrindoを含む。

エーケーアール(エネルギー)

 

配当利回り4.31%

参考円価格/最低売買価格 33円/3,342円

 

AKR・コーポリンド(PT AKR Corporindo Tbk)は主に石油取引及び流通に従事するインドネシアの会社である。【事業内容】同社は5つの事業を運営する。取引・流通事業は苛性ソーダなどの石油と基礎化学物質の流通を行う。物流サービス事業は貯水池・倉庫の賃貸、梱包、港湾、石油・化学輸送及び中国の貴州での港湾運営を含む。生産事業はソルビトールおよび接着剤の製造を含む。工場はインドネシアのスラバヤと中国の柳州に位置する。子会社を通じて、インドネシアのBarito Utaraに炭鉱を所有する。同社の工業団地事業には、インドネシアのGresikに統合された工業用不動産であるJava Integrated Industrial and Ports Estate(JIIPE)への投資が含まれる。

 

まとめ

 

今回ですがインドネシア株の高配当株を紹介させていただきましたが、なんかこの中に怪しい株もありそうです(笑)、が、その中で一押しなのはユナイテッド・トラクターズです。

建機の販売なのですが、日本のコマツとUDトラックを販売する会社で人口2億6千万人の国でシェアを取ればかなり株価も上がると予想します。

株価も161円とお手頃価格なので、まだまだ上がる余地は十分にあると考えます。

そしてインドネシアの今年最大級のニュースは首都移転のニュースです。2017年ごろから話し合われていた首都移転問題が閣議決定した模様です。

「インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、首都がジャワ島のジャカルタからボルネオ島の東カリマンタン州に移動すると発表した」

しかも2020年から建設を開始すると報道されています。移転にかかる費用は3.6兆円にも上ると思われます。

そして建設機械の需要が急ピッチに進むと予想します。

移転する理由は、現在の首都ジャカルタのあらゆる機能のキャパシティが限界にきているようです。

ジャカルタは経済中心の都市、移転する場所は政治的な都市になるのでしょうか、はわかりませんが、いずれにせよユナイテッド・トラクターズにとって追い風になることには変わりありませんので推奨銘柄にしておきます。

 

 それから、高配当なのにPERが10以下の株がいっぱいあって、長期で持てば何を買っても2〜3倍まで行くのではないでしょうか、と思います。

東南アジアでオリンピックでも開催が決定すれば、一気に注目度が上がるんですが、まだまだですかねぇ。開催は早くても2030年以降になりそうですが、そういう噂が立つ前に私はどれかを買ってみます。

 

それではありがとうございました。

 

 

Indonesia to Move Capital From Jakarta to Borneo

 

 

楽天銀行

 

ものすごく参考になった本