楽しく生きていくために有益な情報を発信していくブログ

楽天証券で外国株に挑戦!楽天証券紹介編

 

はじめに

こんにちは、今日から外国株をやろうと思い、このテーマで綴っていこうと思います。

最初になぜ楽天証券なのかと言いますと、いろいろネットでやっているのですが、楽天グループが強すぎて、気づいたら楽天グループにどハマりしていたからです。自然の成り行きで楽天証券の口座を知らないうちに持っていたというわけです。

スマホは楽天モバイル、インターネットは楽天ひかり、楽天FX、銀行は楽天銀行、あとはラクマもやってますし、楽天カードに、旅行した時に楽天トラベルでホテル予約してますし、ということでどハマりしています。

しかし、何か物を買うときは・・・・

すみません・・・

それは、一番安く買えるところで買っています・・・・

それでははじめましょう

楽天証券について

沿革についてはこちら

 

抜粋

1999年3月 

証券業を目的とし、東京都千代田区にディーエルジェイディレクト・エスエフジ-証券株式会社を設立(資本金1億円)


1999年12月

米国株式の取扱いを開始


2001年4月

株式会社ジャパンネット銀行と資金移動に関する提携サービスを開始


2003年2月

中国株式の取扱い開始


2004年7月

「楽天証券株式会社」に社名変更


2005年10月

イーバンク銀行(現 楽天銀行)と資本移動に関する提携サービスを実施


2007年10月

株式会社フィスコと業務・資本提携


2008年5月

「楽天FX」のサービスを開始

20010年7月

総合取引口座数 100万口座突破


2012年2月

アセアン主要4カ国(シンガポール・インドネシア・タイ・マレーシア)株式を大手ネット証券で初めて取次ぎ開始


2016年2月


証券総合口座200万口座突破


2016年4月

マレーシアでのネット専業リテール証券事業開始に向けた現地大手証券会社との合弁会社設立


2917年2月

日本初のブロックチェーン技術を活用した高セキュリティな本人認証サービスを開発



2017年5月

マレーシアでネット専業証券会社営業開始


2018年3月

マレーシア初のネット専業証券会社Rakuten Tradeが

「マレーシアFintech Awards 2018」にてグランプリを受賞


2018年10月

楽天、「ポイント運用 by 楽天PointClub」の提供を開始


2018年12月

証券総合口座300万口座突破

楽天証券の口座数について

 設立は1999年して2010年には100万口座を達成して、2016年には200万口座、そして、2018年12月に300万口座を達成して古い証券会社をゴボウ抜きにしている楽天証券であります。

ベスト10にはネット専業の証券会社が6社もあり、店舗型はいずれなくなっていく運命だと思います。

時代の流れについていけない会社は、ベストテンにすら入れなくなって消えていきます。

株を選ぶ基準も時代の流れをつかんだ会社の株が上がるんでしょうね。

 

証券会社のネット口座開設ランキング上位10社

 

 

野村證券 4,470千口座  
SBI証券 4,448千口座 ネット専業
大和証券 3,264千口座  
楽天証券 3,008千口座 ネット専業
SMBC日興証券 2,166千口座  
マネックス証券 1,793千口座 ネット専業
松井証券 1,156千口座 ネット専業
カブドットコム証券 1,102千口座 ネット専業
GMOクリック証券 358千口座 ネット専業
10 岡三オンライン証券 193千口座 ネット専業

たった20年弱で4位まで行くって凄すぎですよね。

沿革を見るとスピード感がすごいです。

楽天って楽天市場が9割かと思っていましたが、しれ〜と金融もかなり力を入れていたんですね。

というわけで今日はここまでです。

それでは次回をお楽しみに!

楽天銀行の口座を作れば簡単にログインできるし、簡単に資金移動もできますので楽天銀行の口座をまず作っておくことをお勧めします。

楽天銀行